masablog

Keep it simple, stupid

emacs25.1 の tramp が快適

tech

Arch linux の pacman に emacs25.1 が来たので
早速上げてみた。

migemo.el の isearch-word が古いって emacs が激おこなので
isearch-word を isearch-regexp-function にとりあえず
全書き換えして様子見をする。
自分の使う migemo は全部動いているからよしとする。
25.1 に上げて warning はいたのはそれくらい。

migemo は修正されています。ありがとうございます。

emacs25.1 で変わったところ


M-;

でコメントアウトできなくなった。代わりに

C-x C-;

になった。これはこれでいい感じなのでそのまま使ってみることにする。
emacs-lisp-mode ではコメントアウトできなかったが
他のモードでコメントアウトできるものもあるから
emacs-lisp-mode が変わったのかもしれない。
まだ調べきれていない。

tramp でサーバーにつなぐと
dired がサクサク動いていて
もうサーバーで vim 使わなくてもいいんじゃないかってくらいよい。
さすがにファイルを開けるのは少しもたつくけどね

tramp と peco を使ってサーバーのファイルを emacs でいじる


※追記
emacs だけでできるやつを新しく作った

peco が好きな人は以下をどうぞ。

.zshrc に alias を設定する

alias sudotramp='emacsclient -a emacs -n /sudo:$(grep -iE "host[[:space:]]+[^*]" ~/.ssh/config|peco|awk "{print \$2}"):/ & wmctrl -a emacs'
alias tramp='emacsclient -a emacs -n /ssh:$(grep -iE "host[[:space:]]+[^*]" ~/.ssh/config|peco|awk "{print \$2}"):/ & wmctrl -a emacs'

※& wmctrl -a emacs は linux で window を最上面にもってくるために利用するので OSX では必要ない

これで
~/.ssh/config からホスト情報を引っ張ってきて
peco でサーバーを選択して自分のマシンの emacs でサーバのファイルを編集できるようになる

user 権限でサーバーのファイルをいじるときは tramp
root 権限でサーバーのファイルをいじるときは sudotramp

と使い分けている。

tramp とシェルで打つとサーバーを peco で選択して

emacs の tramp で開く

わざわざ emacs 上で tramp の長いコマンドを打たなくてよくなった。
快適

emacs の設定


;; tramp
(add-to-list 'tramp-default-proxies-alist
         '(nil "\\`root\\'" "/ssh:%h:"))
(add-to-list 'tramp-default-proxies-alist
         '("localhost" nil nil))
(add-to-list 'tramp-default-proxies-alist
         '((regexp-quote (system-name)) nil nil))

くわしくは github をみてね

peco については https://github.com/peco/peco

Arch linux なら

yaourt peco

で一発でインストールできるよ

–以上–

21 Sep 2016 #emacs #ArchLinux

このエントリーをはてなブックマークに追加